幸せの安売り
Just another WordPress site

子供と歯磨き 7月 26, 2016

ようやく子どもに歯が生えてきたので、歯磨きを始めることにしました。

歯磨きの適齢期は生後半年から1年ということなので、生え始めてきたらすぐに初めて良いということだと理解しています。

いざ、歯磨きを始めようと思っても、色々と迷うところが出てきます。

歯磨き粉にも色々な種類があって、やれフッ素配合だとかジェルタイプだとか、味付きのものとかたくさん各メーカーから出されているのですが、その中でも通販でしか買えないタイプのものがあります。

BLIS M18という貴重な成分が配合されている歯磨き粉があるのですが、これは、ニュージーランドで虫歯のない子どもたちを調査した結果、その子たちが共通して持っていた菌らしく、これがあると虫歯になりにくいという、なんともどこまで信じていいのか分からない話です。

ただ、こうした商品は市場にたくさんあるわけですし、いい加減なものならあっという間に淘汰されてしまって、販売を続けることはできないのではないでしょうか。

また、監修しているのもれっきとした医師ですし、製造販売しているのも製薬会社です。製薬会社が効果の乏しいでたらめな製品を販売しているなんて考えにくいですよね。

だから、実際に使ってみて効果を判断するしかないだろうと考えています。効果があれば、子どもに虫歯ができないということですが、そもそも虫歯になりにくいタイプだったら、それが歯磨き粉の効果なのかどうか判断できないという話になってしまいますけれども、子どもが虫歯にならなかったらそれでいいや、という結果論になると思います。
【ブリアン歯磨き粉】口コミ情報でその効果を検証!

カテゴリー: 健康