幸せの安売り
Just another WordPress site

現代の老人介護問題 6月 30, 2016

近年では日本の平均寿命は80代半ば程までに延び、少子化も進んでいるため高齢化が進み、深刻な社会問題となっています。若者が少ない状況は老人介護問題にも発展し、介護で身体的にも精神的にも疲労してしまう人が増えています。毎日のトイレの世話や着替えの手伝いは想像以上に力を必要とする上、それを1日に何度も繰り返さなければならないとなると高齢者の面倒を見ることがとても苦痛になってきます。また、被介護者が認知症を患っている場合はさらに介護が困難になり、徘徊など予想もできない行動をしたり暴言や暴力をふるってくる高齢者をそばで支え続けなければなりません。このような体力も精神力も消費する介護を1人で全てやろうとするのはとても大変なことです。これからは一家庭における高齢者の数は増え続けていくため、近所の人同士で協力し合ったり、悩みを1人で抱え込まないで誰かに聞いてもらうなどして地域全体で高齢化社会に適応していくことが必要になってきます。

参考:葬儀費用の相場

カテゴリー: その他