幸せの安売り
Just another WordPress site

マンション売却にかかる税金 6月 30, 2016

一般に、何かを売って、お金を得たときは税金がかかります。

マンション売却したときにも当然税金がかかります。
マンション売却時にかかる税金とは何でしょうか。

マンション売却することにより、利益が発生すると、その利益に贈与税という税金が適用されます。

マンション売却の利益とは、

マンション売却の利益=売却額-(購入価格+取得費+仲介手数料などの譲渡費用)

という式で表されます。
少なくとも、マンションの購入価格よりも高い価格で売却できた場合に課税されることがわかります。

また、自宅用マンションの場合、3,000万円まで控除が受けられます。即ち、マンション売却の利益が3,000万円を超えなければ税金はかからないわけです。

バブル期のころならまだしも、今の時代、よほどのことがない限りマンション売却には税金はかからないようです。

もっとも、税金の仕組みは変わりますし、払うべき税金を払っていないと、後々大変なことになります。
マンション売却時には仲介業者などに相談するといいでしょう。

参考:浴室リフォーム時期を見極める重要性

カテゴリー: 不動産