幸せの安売り
Just another WordPress site

リンパマッサージを取り入れる前に 5月 19, 2015

皮膚にある血管、リンパ管、とても細いものです。だからすぐにその流れは滞ってしまいがちです。

私たちの体内の血管の長さは地球を2周半する長さなのです。

ちょっと想像できないかと思います。だからからだ中にどれだけの血管が走っているのか、余計に分からなくなってしまいます。

というより細くなければそれだけの血管が体内に走ることってできませんよね。
ましてやリンパ管となるともっと細く、血管の届かないところまで、張り巡っているわけですから。

血管の動脈は栄養分などを体中に運び、静脈は老廃物を集めるという働きをしています。
ところが、集め切らずに残った老廃物がリンパ液になるのです。

血液は心臓のポンプを利用して流れているのに対して、リンパ液はそのようなポンプはないので、血液も滞りがちになります。

また細いリンパ管を思いっきりマッサージすると裂けることもあります。
リンパ管はそのような意味では、頻繁に避けています。

だから顔のリンパの流れをよくするにはやさしくマッサージしてあげましょう。

 

お肌の悩みからの開放

カテゴリー: 美容